ヘッダー画像

出来るなら利用しないでいたい年金担保融資

グラフと図

まず最初に年金担保というのは年金を担保にして貸付融資を行なうというものです。 これというのは高齢者が受け取ることができる金額であり、これを担保としてお金を借りるというのはとても大きなリスクがあります。 廃止の計画も出ていますが、今後はどうなるのでしょうか。 銀行のローンや消費者金融とは異なります。 何故なら、年金生活者というのはこれだけが収入源となっている人が多く、他に収入源がなければ年金担保で融資を受けても返済することが非常に難しく、仮に返済できなければさらに現状が厳しくなるからです。 そこで、法律改正によって年金担保が認められているのは独立行政法人福祉医療機構だけになっています。 言わば、金融会社では年金担保が禁止されたわけなので、ここはしっかりと覚えておかなければなりません。 この年金担保からの融資を受ける人というのは現在これだけで生活をすることが難しい人が多く、市税など様々な支払いをするために利用する人もいます。 こうしたときにいくつかの問題点があります。 毎月の支給分を担保にしてお金を借りる目的が支払いや生活費の為というケースは珍しいものではなく、どちらかと言えばこうした理由で融資を受けることは多い傾向があります。 そして、融資を受けると返済をしなければなりませんが、返済が困難になってしまったときに、他の支払いも困難になるケースがあります。 例えば、市税を払うことが難しい状況になったとき、すでに唯一の収入源である額を担保にして融資を受けているのに、市税を滞納しているので財産を差し抑えられてしまうと、生活する事が不可能となります。 こうした問題点が色々とあるので、将来の分を担保にする時はしっかりと考えることが大切です。 もし、選択肢で家族がいるなら現在の生活ではお金が足りないことを相談していきまhそう。 計画を建てて支援してもらうというのが最も好ましい対策だと言えます。

銀行カードローンと年金担保融資の比較

意味や手段

この年金を担保にするというのは上記のように独立行政法人福祉医療機構のみとなっているわけですが、担保という言葉ではなく、収入という言葉に置き換えますと、金融会社からキャッシングやカードローンでもお金を借りることができます。 金融会社でキャッシングやカードローンの申し込みをする時は、申込者がしっかりと収入を得ていることが重要なわけですが、その収入の種類については年金でも可能というわけです。 なので、計画を建てるのであれば年金生活者でもキャッシングやカードローンの申し込みをすることができます。 また、キャッシングやカードローンなど金融商品では申込条件において年齢制限がありますが、担保はこの年齢制限は各社が自由に決めてよいので、年齢の上限が65歳や70歳となっている金融会社はたくさんあります。 そのため、現状としては年金生活をしている人は独立行政法人福祉医療機構以外においても金融会社からお金を借りることは簡単だということです。 選択肢としてここで、お金を借りたい年金受給者は金融会社を利用してキャッシングや銀行のカードローンを利用するのと、独立行政法人福祉医療機構を利用するのはどちらがお得なのかをしっかりと把握することが大切になります。 お得かどうかは利率から廃止となる前に担保を判断する必要があります。

思っているよりも借入利率は低い年金担保融資

適切な処置

連帯保証人を探す場合、大抵は家族に依頼することになるものですが、もし仮に返済できなくなった場合でも家族に助けられることになりますし、担保はしっかりと返済を終えた後でも、生活が苦しくなったときは再び家族に相談をしやすくなります。 まずは独立行政法人福祉医療機構に申し込みをする前にしっかりと連帯保証人になってもらうことも含めて家族など身近な人に選択肢を相談をすることが必要です。 こうして相談をして、お金を借りなければならないなら、家族からお金を借りれることもありえるものですし、家族から現状をしっかりと理解してもらい支援を受けることも十分にありえす。 家族で相談をした結果、必要となる金額が高額の場合はその金額を家族で用意することが難しいケースがあるので、そうしたときに担保や連帯保証人付きで独立行政法人福祉医療機構に申し込みをすれば10万円から250万円までの範囲でお金を借りることが可能となるので大きな助けになることがあります。 そして、返済については下限額が1万円となっているので、支給の金額からしっかりと返済計画を立てていくと良いです。 このように年金担保というのはこの分を容易にしてお金を借りれるので、一見非常に便利に感じるものですが、少し深く考えると色々な問題点があり、これが収入源なだけにその返済と借金を持ってからの生活がとても厳しくなることがあります。 借入利率が低いとは言え、借金を持つことになるのでしっかりと考えることが大切です。 また、金融会社を廃止し利用することは極力避けること、そして独立行政法人福祉医療機構に申し込みをする時はしっかりと家族に相談することが大切です。

限度額と返済期間は年金担保融資はどうなる?

維持をしていく

年金で生活をしている人に大きなお金が必要になったときには、銀行は貸してくれるのでしょうか。 実は、これは難しいという傾向はあります。 というのも、銀行は返済可能性の低い人には貸し付けたくないというインセンティブが選択肢として働くからです。 また、年金を受給する権利を人に移転したり譲渡したりすることは禁じられていますし、担保として設定することは禁じられています。 ですから、年金担保で借りることは、民間の金融機関から借りる事は非常に難しいと考えておいたほうが良いです。 ただし、公的な制度の中で、年金を担保として借りる事のできるサービスもあります。 法律の適用外となるサービスがありますから、このようなサービスを利用することによって、年金受給者でも必要な資金を調達することができるでしょう。 公的なサービスですから、利用用途が限られているなどの制限はありますが、廃止がなければ条件に合えば借りることができるというメリットは大きいと考えられます。 では、年金担保として借りる事のできるサービスとしてはどのようなものがあるのでしょうか。 このような貸し付けを行っている機関の一つが独立行政法人福祉医療機構です。 年金受給者の生活を支援するために貸し付けを行っていて、厚生年金や国民年金などを受給している人が、計画を練って年金担保で借りる事ができます。 ただし、生活保護を受けていたり、あるいは年金担保の融資をすでに受けていたりする場合には利用する事ができませんから、細かい条件については確認しておく事が必要となってきます。 借りる事のできる金額についてですが、最大で250万円です。 10万円以上1万円単位で借りる事になります。 ただし、条件によっては上限が100万円となります。

年金担保融資の審査や条件などを把握しましょう

選択肢

利用目的の条件によって借りる事のできる金額が変わりますから、担保や廃止の目的についても選択肢を明確にしておく必要はあるでしょう。 それと共に年金の金額によっても制限されます。 年間に受給する金額までしか借りる事ができないと定められています。 この金額を知るためには源泉所得税を見れば分かります。 源泉徴収の対象となっている所得の金額を見て、それを年換算した金額まで借りることができます。 年金担保にして借り入れをした場合の返済についてですが、これは年金を支給する期間から直接行われることになります。 将来の支給額の半分が返済金額の上限となっていて、下限は1万円と定められています。 借りるときには金利がどれくらいなのかが重要な要素となってきます。 しかしこれは、年金の種類によって異なっていて、0.9%から1.6%となっています。 銀行から借りる場合や、あるいは消費者金融などから借りる場合と担保を比較してみてもかなり安い水準だと言えるでしょう。 ですから、融資としてはかなり有利なものだと考えられます。 ここだけを見ても利用する価値は高いと言えるでしょう。 なお、連帯保証人が必要となるのが基本ですから、この点についても計画をしっかりして注意しておきましょう。 保証人を見つけることができない場合には、保証会社を利用することになりますから、このときには保証料を支払うことが必要とされます。 保証人になってくれる人を探した方が有利だと言えるでしょう。 借り入れの申し込みについてですが、銀行や信用機関などの民間金融機関を窓口としています。 ゆうちょ銀行や農協、労金などは対象となっていません。 対応している金融機関を調べることも担保だけでなく必要となってきます。


メリットとデメリットは年金担保融資にはあるか

セレクトする

年金で生活をしている人にとっては、他の金融機関から担保で借り入れをすることが難しいですから、選択肢は医療福祉機構から借り入れができるというメリットは大きいでしょう。 お金が計画の中でどうしても必要になったときには、このような廃止となる制度を利用して借りるのが良いと考えられます。 年金担保融資は審査が非常に緩いと言われています。 なぜそれほど緩いのかというと、返済可能性が高いからです。 そもそも融資を行うときの審査というのはどのような目的があるのかというと、返済可能性が十分にあるかどうかを判断するためです。 融資を行う以上は、返済されないと大きな損失を発生させてしまいます。 民間の金融機関が損失を発生させれば、それが会社の存続にもつながりかねません。 公的なものであっても、やはり税金を使って運営されている以上は、返済されないという事態は防がなければならないでしょうから、同じことが言えます。 返済可能性が高ければ良いのですが、年金担保融資の返済可能性とはどうやって評価すれば良いのでしょうか。 実はこれはほぼ確実に返済ができると考えられます。なぜかというと、年金を受け取った人が返済の手続きを行うのではなくて、年金を受け取る前に、その分が先に差し引かれ、そして差し引かれた分が手元に残るということになります。 ですから、ほぼ確実に返済がなされると言えるでしょう。 このように制度が作られていますから、審査と言っても返済可能性に関する部分は評価する必要はなく、そのために非常に緩いと言われているのです。 貸す側としては返済が確実に行われるのですから、貸しやすい状況にあると考える事もできます。 しかし、緩いとは言っても借りる事のできない場合もありますから担保に注意が必要です。


どうして年金担保融資を利用しなきゃいけないのかを考える

コンタクト

完全に誰でも借りることができるというものではありません。 一定の基準は定められていて、それをクリアしていないと借りる事はできません。 どのような場合に借りることができないのかを把握しておくべきでしょう。 まず、生活保護を受給している人は借りることができません。 年金だけでは生活ができないと言うときに限って生活保護を受けることができるというように、生活保護の制度で定められています。 ですから、もしも借りることができたとしても、生活保護は打ち切られることになります。 このようなことを避けるために、年金担保融資は生活保護を受けている人に行わないようになっているのです。 過去に年金担保融資を受けていて、そして廃止になったとしても完済する前に生活保護を受けた人の場合には、生活保護が利用しなくなってから5年間は借りることができません。 これも同じ目的だと言えるでしょう。 投機性の高い利用目的では融資を受けることができないと定められています。 投機性の高いのとは、具体的に言えばギャンブルです。 計画のないギャンブルをしたいから借りたいと行っても、借りる事はできないのです。 選択肢がギャンブルではなくても、借りた資金を使うことによって本人が不利になるようなものであればやはり借りることはできません。 何らかの理由で年金の支給が全額停止されている場合にも借りることはできません。 年金が全額停止されていれば返済をする事ができないのですから、これは当然のことだと言えるでしょう。 反社会的勢力に該当する人や、反社会的勢力に関連している人も借りる事はできないと定められています。 国の資金を使って有利な条件で借りることができるのが年金担保融資ですから、反社会的勢力に関連していれば除外されるというのは妥当でしょう。 このように色々と条件はありますから、審査が緩いとは言っても借りることができない場合もあります。 ただ、これらの条件を見ても分かるように、一般に普通の人が普通の生活をする目的で使うのであれば、たいていは借りることができると考えておいても問題はないでしょう。 例えば、冠婚葬祭の費用が足りなくて、担保を用意してどうしても一時的に借りなければならないというようなときや、他の債務があって、それを一括返済することによって生活を維持できると言った場合などに活用することができます。